2018年10月28日日曜日

待ちに待った横断幕とのぼりが来ました

こんばんは
店長です。

夜の間も昼の間も55型4K液晶を使い、視認性に乏しいサイネージを行ってきましたが、表題通り!本日受け取りまして本当に大きくて重たい横断幕とのぼり(オープン日)までのものを設置してみました。









横10m、縦4mです。
看板屋さんなんかの業者に発注すると倍くらいの値段を提示されますが、僕の場合は以前からネット上で簡単なデザインツールを使って、生地、形状を選んで発注を掛けるスキームなので驚くほど安価で設置ができました。
注意点としてはこれほどの大きなものを建物に常時固定すると強風の際は相当量の力が加わる為建物自体への影響も懸念する必要があります。留め具等の音も想定して、OPEN日までの間、自分が店に居る時だけ提示するということで躯体への設置に関しても白いトラックロープで柱に縛り付けています。
のぼりに関しても風の影響で路上に飛んだり、歩行者へあたるなどの事を踏まえ土台に水は入っていますが、それほど固定するという意味では強風の際などどれほどの効果があるかといえば危険性は多々あります。
赤坂でやっていた時には水ではなくセメントを入れて固めてしまって信じられない重さにして使っていましたが、運用するスタッフの事を考えると不憫ではありました。

とはいえ、道路は店舗正面を横切っているため、のぼりを確認して、店舗側を振り向いた際のアピールといった視認性スキームを考慮しなくては横断幕もただのゴミ。

面倒ではありますが、帰る際は全て撤収し、また出勤した際に提示という形式を繰り返すことにしています。

シェフが11月から勤務になりますが、職員寮として使おうと思っていた建物に金曜申し込みを兼ねて内見しました。以前は雇用促進住宅という名の厚生労働省管轄の公的な賃貸住宅だった築50年以上前の物だろうその建物は鉄筋だし、賃料も安いし、第一、深夜に母国へ大声で電話する彼らにはうってつけ!とほぼほぼ決めていました。
で、内見した瞬間!シャワーがない!
ボイラーがないのでお湯自体がでないので沸かすだけ。
ま、ボイラーを付けるとなると工事を含めてかなりの金額になるので断念。
即入居可能となっていたので、即日入居できるのかと思ったら、審査もあるので不可能とのこと。月末まであと、数日しかないので寮の候補を探しまくっている次第であります。#秦野
#ほりかわ珈琲店
#秦野市ランチ
#秦野市喫茶店
#秦野市CAFE
#渋沢CAFE






2018年10月19日金曜日

今日は建物の住人の方とお隣近所の方とテナントの方々に挨拶にいきました

そろそろ工事も始まるので御挨拶に行ったわけです。
もちろん手土産持っていきました。

日中留守だったところは夕方に再度回って。
で、みなさん感じのよい方ばかりでした。
会えずじまいの方もいましたが、明日改めようと思います。
そんなご近所の方に臭いとゴミの管理について指摘を受けました。

当然ながら今以上の臭気は出てしまうので本当に頭を抱えます。

迷惑を掛けながらの営業は結局自分に降りかかってきますからね

現在、二軒隣のテナントにネパール料理店がありますが、
基本、ランチの時にまったく臭いはしていません。
作っていないんです。
お客さんも居ないので、居ても一人、二人。
数はどうでもよいのですが、週に一回くらいの割合でグレービーを
作っているようなので、うちみたいに毎日、毎朝となればそのご近所さんは
びっくりされてしまうでしょう。
普段のスパイスの保存についても耐えられない臭いであることは
想像できます。

ダクトが直出しなので当然ですが、屋上までダクトを上げるとなれば
二百万ほどの出費になります。

どう処理するか、要検討事項になりました。

今日は行政、自治体に外国人雇用について事前に用意するものや
提出物の確認の電話を入れました。

僕は秦野市に住居はないので個人事業主の場合選べますが、
税務申告等の場合基本は住居地。
雇用等のことになると住居地ではなく事業所所在地になるので
秦野管轄の平塚労働基準監督署に届を行うことになります。

入国管理局へ報告する外国人の雇用に関する報告書に関しては横浜支局でも、
東京の入管でもどちらでもよいとのことでした。

外国人の雇用に関しては不法就労があるため、入退職に関して新しい職場から
報告の義務があります。
そして、どうして以前の職場を辞めたのか、その証明(退職証明)を提出する
義務もあります。
ただ、退職に関してどうしても以前の職場の方で報告書の作成をしてくれなそう
であれば別途、報告の必要はありますが、どうにかなります。

何かのサイトで勘違いしていましたが、自治体に関しては雇用する外国人の
新しい住所地に住民登録をすることのみでOKだそうです。

次に雇用関係の届け出ですが、労働保険のうち、労災保険は労働基準監督署へ、
雇用保険に関してはハローワークへ届出をそれぞれ順番に行うことになります。
先に届け出が必要なのは労災保険の労働基準監督署です。
これはアンダーグラウンドな話ですが、労災保険に加入していても、雇用保険は
していない職場も存在します。
色々な事情があるので一概に悪い!とは言い切れないと思いますが
それでも違法なわけではない形になっているのが現状だと思います。
元に僕もそういう職場がありました。

で、この労災保険は以前にもこのブログで書きましたが
雇用主は加入できません。
ただ、スタッフとして業務に従事する雇用主であれば特例で加入が可能です。
ただし、加入事務を代行するのが厚生労働省から認可を受けた組合だけなのです
で、その組合の一つに電話をして代行料の金額を確認しましたが、民間の会社が
事務代行を行うので値段に多少の開きがあるそうです。
入退職に伴う事務作業、料率の見直し等々の業務を代行してくれるいわば委託料

です。
僕が確認した会社は年間64800円でした。一か月¥5000(税抜の金額です。
これは頼む価値はあると思います。
ただし、会社の規模にもよるので、この金額は1~4人までの会社にのみ適用です。
で、神奈川県でこの組合の一覧を探したらだいたいどこの商工会議所でも
受け付けているんですね
ググるとでてくるので事業所から比較的近いところにしようと思います。

で!名刺がないとやなり不便だなと思ったので、以前アマゾンでぽちった
インクジェットプリンタ用の名刺シート(切れ目がはいっており、折ることで
はさみをつかわず切り離せる)で名刺作りました。


どうかなー。

ちなみに電話&FAXの番号は決まっておりますが、今日ソフトバンクより
現在の配線等の確認は二週間後になりましたとショートメールが入っておりました。

厚木のヤマダ電機で契約しましたが、やはりドライですね。
以前説明を受けた際も、こちらから確認するまでいつもやってる
キャンペーン(¥20000キャッシュバック)について言ってくれないんですよね。

これは消費者がブランドにこだわって、安心を求めて寄りかかり過ぎた結果
企業側が逆手にとって指摘されないならサービスもしない的な形になったんだと
痛感しました。

日本の大企業に対する信頼はしないほうがよいと痛感です。

NTTで光回線の金額を確認した時もびっくりな価格をさもありなんと
説明してくれるんですが、ソフトバンクだとプロバイダー料金は含まれて
いますよと話をしたらびっくりしてるんですよね。
まーコールセンターもパートさんがやってられるので他社の情報なんて持って
いないわけですが、感じたのは消費者側が判断材料を自分で集めて精査して
購入することが必要になったとソフトバンク同様思ったわけです。
以前、PCデポでも、安心ですよと多額の金額をせしめたこと(返金すること
になりましたが、世論が会社のしくみをかえただけで、それがなければ大儲け
継続中だったんじゃと思います)がありましたが、消費者が勝手に信頼した
結果そうなったと。
悲しいですが、今の日本企業もユーザーから収益をあげることができれば手段を
えらばなくなったと感じましたね。
漫画、島耕作が専務か常務になった際、甘い判断から大事になってしまった際、
当時の社長から、そんな甘い判断で海外でやっていけるものか!と叱責を受けて
しょげてたのを思い出しました。
島耕作は昭和の典型的なサラリーマン(会長まで登りつめますが)なので
モラル的な部分をビジネスに取り込み、安心してみていられる正義感の強い男
ではありますが、やはりやってけないわけですねと読んだ当時思ったのを
思い出しました。
超高齢化社会に突入した日本においては今、そんなモラルは必要じゃないと
思う大企業にとっては大チャンスなわけです。
改めて気を引き締めなければと感じました。



色々なものが絡まってその先に進むからなかなか時間が掛かります

お!工事の関係の事がほぼ決まったのでOPEN日も決まりました

11月23日(勤労感謝の日)です。

今の所、どんなことが進んだのか。
大して進んでないですが、

税務署へ届出



保健所へ開業申請提出



車を最近はおせわになりっぱなりの知人K氏の紹介で車を購入。

自動車保険も加入。(以前、加入していたものを中断契約していたので20等級でした!)

シェフが11月から来てくれることに。(物件が決まった時点で家族の事で里帰りしていて
秦野でやることに了解をもらっていなかったので、話をしたら、ちょっと渋りだして、
正直、胃に穴があくほどビビっていました。)で、現在の勤め先に10月末で退職を
伝えたらその日でクビになったそうです。

タンドール窯を購入。(設置は25日の予定)

店内工事に関して、色々依頼

 水道=給排水の配管を分岐して増設。
 ガス=タンドール窯の設置に関して調整。
 電気=照明関連、テレビ配線、電気設備の調整
 大工工事=カウンター造作、事務所扉造作
 看板=壁面と路面の大型看板の作成
 横断幕=横10m×縦4mのOPENまでの告知用横断幕をオーダー



経理システムはクラウド型のFREEEというものにしました。
(今まで使ったシステムより簡単なのはよいけれど動きがもっさり)
年間2万ですね。

あとは、借入の申請を組合を経由して公庫へ労務関連の事と入国管理局と
自治体に色々出します。

今のところはそんなところかなー。

社会保険労務士頼むか、思案中。
だって、外国人労働者いるので通常と色々異なってくるのでかなり心配。

給与システムもあった!

金ばっか出てく。

あ!ホームページ作ったんだ!
こちらです!内容薄っぺらです

55インチのテレビは届いて、で、画面が割れてて購入先が新品と
交換してくれました


今日から夜サイネージで外に一晩中使います。





2018年9月27日木曜日

ブログ 更新です! 屋号決まりました! 事業用銀行口座開設と火災保険(建物加入)完了

お店の屋号決めました!

大使の愛したカレーと珈琲
ほりかわ珈琲店

にしました!

色々考えてずーと悩んでいました

CAFEの方がよい?
カレー押し?
喫茶室?
CAFE食堂?
カフェ?

でも、この地域性を考えると
かわいらしいと高齢な方が利用しにくそうなので
「CAFE」はあえてNG。

だれにも相談せず、単純に地名を持ってきて
覚えやすくただただ親しみやすい感じを選びました

なぜ? ほりかわ?
と思われるでしょうが、住所が堀川なんですね。

今までの東京と違ってこちらの都合とか
いってらんないですからね。

候補は ねこねこCAFE でした。

これじゃー、ちょっとね

赤坂だったらこれでいこうと決めてました

高齢化率の高い地域です。

どの店を見ても、偏った雰囲気でもなければ
中心は中高年とお子さんのいる奥様。

あえて、それでいこうと

地名に堀川って全国に沢山。

ほりかわ 珈琲で調べると京都とか沢山でてきますね。

かぶった名称は無い感じなので商標も?

いらない!いらない!だって地名だから同じ地域にでも
出されたらですが、それはないし。

あえて、同じ名前で後発ってメリットないでしょう。 で、本日 不動産会社(貸主)で賃貸借契約書と重要事項説明書の締結行ってきました 小田急線渋沢駅は丹沢山系に囲まれたのどかな駅。





支払義務の無い、残置されっぱなしの調理機器の取扱いについて
原状回復義務の中に含めるのか等々確認をして
(都度、協議と説明書にはわかりにくく明記されていたので
今一度確認をしてもらうことにしました。

これって後で話す火災保険の保険料に直結してきます)
、家賃口座が引落でなく振込なので支払口座のある
金融機関の同支店に事業用口座を開設し、自分口座から資金の移動をかけました。
昨日、「Mの丘」のK
氏に一緒に物件を確認してもらって、
ガスやら電気やら内装工事、外観について相談をしました。(相談というか、僕は希望を言っただけ) とにかく金を使うな!等々、今まで同様、ためになって有難い、かつ的確なアドバイスを沢山頂いて各業者さんを紹介してもらえることになりました。 秦野市は都市ガスでなくPLなので、物件に紐づいた業者さん(カント―ガスさん) =タンドールを付けるので接続に関わる容量確認と器具もろもろの確認をしてもらおうかなと。 (そもそも残置されてる機器が使えるか現時点ではわからないので)
電気は容量自体の拡大の場合、東京電力で工事自体は電気工事会社なんで、 僕はネットで秦野市の業者の一覧を調べてたけど、やはり吹っ掛けられるのがおちだからね。 (そもそもの相場価格がよくわからん=アイミツとればおおよそわかりそうだけど、 時間が掛かるから) で、その電気工事屋さんにお願いしたいのが =照明に関わる接続部分シーリングとローゼットってものかな?の増設、コンセントの増設、 テレビの配線の取り回しと電気に関わる現在の契約について妥当なものか (基本料金に差があるのと、容量が足らなくなったりみたいなことがないように) あと、照明器具の見積もりをお願いしようかなと思ってる






水道業者さん 秦野市水道局が工事をするわけでなく、指定水道業者さんに工事自体は お願いするので =製氷機及びシンク2ケ所、手洗一か所を 数十センチ移動するために配管の調整 をお願いしようと思ってる。



大工さんには現在の物置を喫煙ルームにするので(基本店内全面禁煙、外は喫煙OK) 扉の設置、外溝についてウッドデッキを作ってもらうのと、現在の棚を下げ膳置き場に できるように穴をあけてもらって木材をカットできる器具を持ち込んで作業
するのであれば、カウンター制作の材料のカットをお願いしようかなと。
おっと!事務所作業スペースのパーテーションを制作したらの見積もりだ!



とにかくK氏にはずっと世話になりっぱなりで。 いつも本当に有難う御座います。 で、明日は移動された資金から物件の契約費用を朝振り込んでしまって、物件の鍵をもらって その足で 神奈川県飲食店衛生同業組合加入の手続きをしてからタンドール業者の神田川石材商工 のT氏に東京から来てもらってガス業者のカント―ガスさんと共に設置及び使用の確認です。 これから続きを作るんだけど、融資の申し込み行けたら小田原の日本政策金融公庫へ行こうかなと。 今日公庫の担当者へ電話して、いつの時点で融資の申し込みできますっ聞いたら
(実はこの間確認済だった) 営業を開始する場所が決まった段階(契約とかしてなくても)で申し込めたと。 で、次の質問は既に購入してしまったものは融資の対象にならないのか? これは設備としてでなく運転資金としての取り扱いになる。 融資としては”設備資金”と”運転資金”に別れるからね。 で、衛生同業組合に加入すると設備部分の利率が低くて有利になるんだ。 他にも日本食品衛生組の共済のPL保険(施設賠償)へ加入するとダイレクトに 保険会社に加入するより安くて条件がいいんだよ。 一部をそれらの組合が負担してくれてるんだよね。 話それたけど、購入してしまったという事は資金の一部を先に使ってしまった扱いに なるので設備扱いにはできないってこと。 それでも融資の対象にはなるよ。 保証金150万も本来支払いが済んでいなければ設備扱いになったんだけどね。 それはできなくなったと。(残念) ただ、スピードが要求される物件取得には到底使えないんじゃないかな。 次の質問。購入希望物品の証憑として、購入先の見積もりを資料としてつけることに なってるけど、中古で機器を購入する際、そんなの作れませんとか、領収証自体を 作成せず、振込及びカードの支払い明細をそれの代わりにあてるって業者さんも結構あるので 見積もりでなくてもかまわないのか聞いてみた。 インターネットで購入予定の者であれば画面コピーと新品の相場価格がわかるものを証憑として よいとのこと。これでオークション等で購入予定ってことも融資の対象になるわけだ。
ちょっと胸を撫で下ろしたよ。 今は廃業してしまったお店から買い取った新古品みたいな機器が沢山あるから 新品で買ったら驚くような金額の者も手が出やすい。 メンテナンスとかこの先の耐用年数とかの問題もあるけどできるだけ安く購入したいのと 固定資産になるべくしたくないんだよね。 資産管理が大変(買ったら、毎月減価償却費で計上しなくてはならないし、廃棄した場合も 除却等の処理を必ずしないといけないからね)

だいいち!
固定資産税の納税義務が発生する めんどくさ!ですよ。

 とにかくなにかを考え始めると湯水のように色々不確定要素な部分やらが出てくる上に
この手続きや情報がないと次のステップに行けないみたいなことばかりなので 気が付いたら、EXCELのTODOリストに入力したり、ノートに書いてる。 でないと何回も同じネタを考えたり、書いたりしてしまったり、忘れたり。 時間が掛かるもので誰かにお願いするものを先に先にぶんなげて一つ、一つやってくしかないのだな。 あと、面倒なのが工事をお願いしないで自分でやる、オーディオと映像の機器について 接続図を作って必要な機材をAMAZONとかから買ってさ、自分で試してみないといけないのが とても面倒。 業者に頼んだらそれこそびっくりな値段になるから自分でやるけどね。 今日はオーディオをブルートゥースで飛ばして受信できて、なおかつ充電しながら使える 機器を試してみた。

店が比較的広いのでケーブルの長いものを購入すると非常に高い。 基本デジタルのSPDIFの端子で繋ごうと思ってるけど、もしケーブルレスでうまくいかなかったら アナログの配線で繋ぐつもり。 で、今日届いたのがこれ。 一応、スマホで飛ばした音を1Fのリビングで飛ばしてドアを閉めて2Fのトイレで
ドアを閉めるまではとてもクリアな音で聴こえた スピーカーもずっと使ってる ”EDIROL”のアンプ内蔵モニタースピーカー MA-10D。 なのでスピーカを設置する予定箇所に少なくてもコンセントが必要になるけどね。 使っていないステレオやコンポに”AUX”端子があったらスマホをそれで飛ばして BLUETOOTHオーディオに早変わりできる優れものだよ。 おススメです(ぽちっとしても僕にアフィレイト入りませんので)https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07FTDVLGC/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1


なんか、自分の備忘録だな。



まま、とにかくご報告まで

2018年9月23日日曜日

ブログ更新です!物件決まりました! 神奈川県の秦野で開業することになりました。

昨年の八月末に前の職場を辞めて
赤坂で探してましたが、最後の最後で地元の物件にしました。
出会いは必然ですし、その出会いをどのカラーにしていくのかも
それも自分の行動次第だなと思っています。

この物件に飛びついてから、他業種と天秤に掛けられて
飲食業ではない人に貸したいとのことで返事待ちったんです。
結局、希望されていた介護事業の方は入居を希望されなかったので
再びお声掛け頂いたんですね。それが8月末。

建物の構造上、展開的にそうなるかなと思ってはいましたが。

で、待っていた時点で赤坂の物件を紹介してもらいました。
不動産会社や居抜き業者でなく店舗オーナーが店を閉めたいので
引き継がないかというものでした。
場所は申し分なく希望通り、広さも、家賃も希望通りでしたが、
条件と30年使用した物件なので出ていってもらって、スケルトンにして
もらってから契約!と考えていたのですが、
諸事情を考えると現在のオーナーは継続するしかないかな
と予想していました。

21日に管理会社からやはりもう少し店を続けるらしいと連絡が入ったので
秦野の物件に決めました。

この赤坂の物件はソニアに居た頃から大変お世話になっているメヒコリンドさん
というメキシコ料理屋さんにご紹介頂きました。
亡くなられたご主人と現在のオーナーである奥様には可愛がって頂きました。
そんな人たちや、またお付き合い頂いていたお客さんの居る赤坂は
僕にとっては本当に特別な場所だったので、思い入れというか、何というか
捨てきれない場所だったんですね。

ただ、一年という歳月があっという間に流れ色々な土地の物件を見るたびに
比べる対象は赤坂でした。

馴染みのない人にとって赤坂は敷居の高い土地のように感じるかもしれませんが
決して、今の赤坂はそうではなく2丁目の一部に限定しますが
マナーのよい人しか居ない他にない場所です。
そんな場所と完全に分かれてしまうのは惜別の思いがありますが
これも人生。

これから先もうまくいかないことだって多多というか、
うまくいかないことの方が多いのかもしれませんが、
後ろ向きに考えるのではなく、とにかく今までの経験と知識を生かして
つっぱしるだけです。
自分の選んだことだから一路遂に奔騰するのみだと思っています。

神奈川県秦野市は僕が高校時代に過ごした第二の故郷とも言うべき土地。
丹沢山系の山々に囲まれた盆地のその土地は自然も多くのどかな素敵な土地です。
歳を取ったら住みたいなと思うような場所です。
(秦野市観光協会 http://www.kankou-hadano.org/

アクセスは都心からなら電車の場合、小田急小田原線で新宿から
1時間10分(快速急行乗り換えなしの場合)片道¥670で渋沢駅
から歩いて5分の場所にお店はあります。
GOOGLE検索 ) 

〒259-1305 神奈川県秦野市堀川93−1



外観はこんな感じです




以前も飲食店で調理器具の残置がたくさん、無償貸与なので
器具にお金は掛かりません

キッチンだけでも10畳くらいあります










ホールもこんな感じです。
初代の店舗オーナーはキッチンが見えるようにカウンターで囲んで
動線と使い勝手がよかったんですが、業態によって使い方も様々なの
で以前に仕事をしたときにイメージした優先事項を考えてこんな作り
になったんでしょう。

掘りごたつのように靴を脱いで入る使用になってみたいです。
柱は建物自体のものなので撤去はできないとのこと。












大規模改修は全く必要なし。

予算的に大きいものは
タンドール、食器洗浄機、食券機、パーテーションですね。
タンドールは新品でないと使えないので50万、食洗機も取付、輸送込で
40万、食券機も30万、パーテーションが100万位でしょうか。
ただ、分煙の為の喫煙スペースの為の費用に関しては厚生労働省の助成金が
飲食店の場合2/3出ますから。

物件の取得に200万超、設備備品と工事が450万位ですね。

物件の大きさが30坪ほどあって駐車場5台付、で人通りは少ないですが
車は多く通り、目の前にイオン(マックスバリュー)があってと地方に
しても条件はさほど悪くはないですが、国道から一本入った道なので
国道沿いに野立て看板をと考えています。
これが結構、高いので思案中ですが。

とまーこんな感じです。

屋号(お店の名前考えなきゃ)。
オープン予定は11月下旬を考えています。

今後とも何卒宜しくお願い致します