2017年8月25日金曜日

相思相愛。

どもども店長です
閉店へのカウントダウンがいきなり始まって
お客さんへの連絡もそどろもどろ。

なんとなく忙しくて、変わらず、帰宅できない毎日が続く中
ぱらぱらとSONIA時代からのお客さんが来店してくれて本当に
いい人達に恵まれてるんだなと再認識の日々です。

変わらぬお付き合いをして頂けることに心から感謝です

お客さんとお店の関係についていつも思うことがあるんです。
それだけはこの仕事に就いてから変わらないこと。

綺麗ごとに聞こえるかもしれないけど。

それは、まず お客さんのこと好きになること 。

だってさ、好きな人には普通に何かをしてあげたいし、
不快なことをしないでしょ。

その気持ちがあれば、自分の中のホスピタリティが刺激されて
喜んでもらえるように自然ともてなす事ができるんじゃ!ってこと。

でも、その気持ちが強くなると、その先にあるのは
『金、貰いにくい』。

笑!

そうなるんですよ。

だって、仕入原価と販売価格って違うじゃない。
知り合い相手に金儲け的になるわけだから。

その辺が自分の中で一番駄目な、甘いところなんだけど。

むかーしからのお客さんて、赤坂ツインタワーやらを含めた再開発の中で
赤坂を離れてしまった人が多いので、決して近くから来店してくれるわけじゃない。

そんな人が忙しくて暑い中、わざわざ来てくれると本当に
うれしいわけで(近い人が来てくれる場合も当然嬉しいです)。

で、こちらもにかできないかなという気持ちに自然になるわけ。

先日、スタッフがおきゃくさんにって用意したマカロン。

その子が以前、退職する、しないってことになったときに
わざわざお客さんが何か贈答品を持って来店してくれて、
で、じつは辞めない事になりましたってんで、本人は本当に恥ずかしいやら、
嬉しいやら、有難いやらで困っておりましたが、それでも嬉しかったんでしょう。

そんな気遣いに、自分の中のなにかが
感じたんでしょうね、それで用意されたマカロン。



決して、安くないと思うんだけど自転車で昼間にミッドタウンまで買いに行ってました

ま、昨日は時間に余裕があったので、
いつもはそうできないのが悲しいところなんだけど。

何でも適当なものだして、金貰って。
そんな店もたくさんあるけど、うちはそうなってほしくないしね、
そんなとこで働きたくないし。

ま、正直、そういう部分には僕は超厳しいよ。
うちのスタッフにも当たり前に超キレる。

当たり前だけど、口に入れる物を提供してる以上
命を預かる仕事をしてる自負を持ってもらいたいしね。

だから食中毒のニュースとか見ると、うちも締めんとなと
いつも思う。
自分だけじゃどうしようもないから。

近くの店のごみの捨て方とかさ、ありえないよ。(笑
ビニール袋そのまま路上に置いてある。
で、でっかいネズミがうろうろしてて。
一度、その店のスタッフにネズミがお宅のごみを漁ってるから
よく手を消毒しないとだめだよって言ってあげたんだよね。
なにそれ!とか思われてもしょうがないと思いつつ。

でも、全然かわらない。(笑

で、いつもゴミが路上にあって、すげー不潔でね。

この店のスタッフとかって、お客さんに何を出してもいいような
感覚で適当にやってんだろうなーと。

クズです。(笑

うちのスタッフにはうちの店の前と同じように掃除してくれって頼んで、
いつも綺麗にしてもらうんだ。

先日もねずみの死体がその店のゴミ箱の下にあってね、
さすがにスタッフは触れないから、ゴミ袋持って行って
片付けて、その店のゴミ箱に入れておいたよ。

本当にその店の料理はかんべんだね。(笑
(その店のゴミの写真を撮ってるから見たい人は言ってください!)
ここか!と思う店だから、って写真あるけど言わんよ)

スタッフはその店の体質が変わらない事に疑問を抱きながら
毎日、掃除してくれてて、本当に腹立たしいけど、でもね、

うちのお客さんにはそんなきたない場所に来てほしくないしね。

まず、そこからだよな。

おきゃくさんを想う
お店をすきになってくれる

そんな関係になっていかなくてはと、僕はいつも思うわけ。

くっさいなー!と思う人、どうぞ、どうぞ。

僕の理論なだけだからね。

中途半端な覚悟であれば、見ず知らずの人と関係なんてできないと思うよ。

繁盛して、人の顔さえ、覚える暇がない。
そんな仕事に興味ないしね。

忙しい中でもそんな気持ちで仕事に臨む、それが必要なんだといつも自然に
思えて、それを理解してくれるスタッフと仕事をしたいと思ってるよ。

それらの積み重ねでお客さんに気に入ってもらって、叱咤もしてもらって
で、うまくいけばそれでいいと思うんだ。

そんな関係ばっかの店を作りたいね。

2017年8月24日木曜日

どもども店長です

昨日、正式にお店を継続しないと会社から報告がありました。

このところある程度、夜の売り上げも定着していたので
いろいろ経営者に報告していたんだけど。

人の問題やら色々で。

もったいないですけどね。

ホールで一緒にいつも一生懸命やってくれているかわいこちゃんな
女性も8月末で退職してしまうので、板前さん2名のみ残ることになって、
で、今までと同じとはいかないまでも早急に対応が...と思っていましたが。

ということで

魚匠 は8月末にて終了です。

僕の方といえば、ちょっと気が抜けてしまいました。正直。

僕は僕の方で動くだけだから不安はあるけど、
ネガティブな部分ないしね。

そうそうカレーシェフだった ミスターラフマトから連絡がありまして
木場で働いてるそうです。

近いうち、ラフマトのカレー 食いに行こうツアー 計画します!

毎日、常連の方に 『辞めるんです、閉めるんです』報告が
ちょっと苦しい店長でした。

ではでは


2017年8月14日月曜日

退路を断って前へ進め。

今の職場の状況とこれから。

今の職場は刺身居酒屋。

好きなお客さんは3日連続で来たりしてる。(笑

本当に有難いことです。

2017年1月から和食の業態になって、ランチはあまり好調でもないんだけど
夜の部は、まー土地柄か、かなり調子が上がってきてる。

今のスタッフは真面目で実力もあって、
気に入られることが多くなってきた。

ただ、自分がやりたいと思う、ジャンルかというと、
...。

確かに今、贔屓にしてもらっているお客さんはいい人多くて
好きだな。

けど、一度辞めてから、再度入社した理由は他に
あったから、他人資本のとこで結果も出せず、
残ることはありえないなと
ずっと考えてたんだ。

経営者とはかなりぶつかったし、今さら落としどころも全く見つける気
ないので(お互いに経営の観点の部分でがっつりなので、結構、すっきり)
これはいい機会だと。

ただね、経営者には結果的にすごい世話になったし、
玉響(魚匠の前身のエスニック料理店)の開店からずっと、いつも集客対策
に余念がなかったんだけど、結果的に和食がいいだろうということで話なしに
2017年1月から和食!みたいな感じに事が進んでしまって。
(その時点で、形ができたら一緒にはやれないとお互い確認し合っていたから)

で、和食始めたはいいけど、みたいなね。

ま、前回のミーティングで8月の売り上げに関して金額ではっきり言えよ!って
言われたんで、到達したこともないんだけど、分岐点位の数字を言ったんだよね。

ま、8月だし、無理だろうとは思っていたけど。

でも、低め、低めの目標なんて、意味ないしね、それに向かって
粉骨砕身の思いで走るしかないなと。

いつもそうだけど。(笑

ま、今の時点で達成はできないなということと色々ってとこかな。
でも、一番は自分のこれからの活動が全くできないってこと、
で先週の金曜日に退職の意思を伝えたと。

家にも満足に帰れない日がずっと続いてるしね。

とにかく、今はいろんな面を考えて早く切り替えることが会社的にも
自分的にもベストなのかなって思って、退路を断ったという感じ。

とにかくさ、前に進みたいんだよね。

店やるっつったって、物件押えなきゃ始まんないんだから。

みんなと会えなくなるのは本当に、本当に辛いんだけど
これもしょうがないなと。

あと、残るスタッフの事が心配でね。

みないい子ばかりだし。

とりあえずはご報告まで